×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

N.I.T投資家サークル


○○学   
 
    


健康・老化・寿命 人といのちの文化誌
黒木 登志夫 (著)
時代のキーワードとして健康、高齢化が挙げられる。
それらを満遍なく、基礎的に解説するこの本。
ガン、糖尿病から、肥満まで、幅広く取り上げられています。
中でも、生物集団に寿命があるという実験。
非常に面白い。
若者にこそ相応しい一冊。

G神
「ニート」って言うな!
本田 由紀 (著), 内藤 朝雄 (著), 後藤 和智 (著)
数年前に突如として登場し、いまでは普遍的な言葉として用いられる「ニート」という言葉。
日本人が「ニート」という言葉に対して、悪のイメージが濃いのは的外れである。
ニートと聞けば、働かず、いつまでも親に寄生して生活している若者
という発想につながりがちだが、事実そういう人間も含むが、ニートというのはもっと幅広く使われる。
時代に即した1冊。

G神
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸 (著)
この本を読んで、まず衝撃だったのが、
年協序列制は、今も尚、日本社会に根強くはびこっている。という事実。
もはや年協序列制などという古典的な概念は、取り払われたものだと考えていたが、甘かった。
社会のどろどろした部分をさらけ出している。
レールに乗れば、安定した生活が待っている。
条件の良いレールに乗るために、学校へ行く。
もはやそういう時代では無いということだ。

G神